NEWS

関口涼子のローマ・レジデンス滞在記「メディチ家の館に住んで」の紹介

2013年秋より、フランス文科省の招聘によりローマに滞在している飯田橋文学会メンバーの関口涼子が、白水社のウェブサイトにてローマ・レジデンス滞在記「メディチ家の館に住んで」を連載しています。以下のリンク先ページにて閲覧可能ですので、ぜひご覧ください。

http://www.hakusuisha.co.jp/essay/medici.html


内容について: このレジデンスは、ルイ14世が創設した「ローマ賞」の伝統を受け継ぎ、仏文化省管轄で最も権威あるもので、日本人の受賞者は関口涼子が最初となります。人も羨む豪壮なメディチ家の館で家賃、光熱費ゼロ、奨学金付きの留学生活、アーティスト・イン・レジデンスという魅惑的なシステム、特権的な日々に思えるその実態は果たして如何に?



この記事に関連する最近の記事

前のページに戻る

NEWS

島田雅彦インタヴュー全篇公開「〈現代作…

noteにおいて「〈現代作家アーカイヴ〉文学インタヴュー第8回 島田雅彦」のダイジェスト版(無料)と、本編約8…

Read More

NEWS

谷川俊太郎インタヴュー全篇公開「〈現代…

noteにおいて「〈現代作家アーカイヴ〉文学インタヴュー第4回 谷川俊太郎」のダイジェスト版(無料)、朗読映像…

Read More

NEWS

横尾忠則インタヴュー全篇公開「〈現代作…

noteにおいて「〈現代作家アーカイヴ〉文学インタヴュー第5回 横尾忠則」のダイジェスト版(無料)と本編98分…

Read More

Facebook

Twitter