NEWS

定例会にて:田中慎弥による朗読 

飯田橋文学会の定例会における、田中慎弥による短編3作品の朗読です。
 
綿矢りさの「憤死」から「おとな」を、自著の「掌劇場」から「聞こえなかった声」を、川端康成の「掌の小説」から「化粧」を朗読しています。
 
それぞれの作品について、田中慎弥が感想を述べているので、あわせてお楽しみください。

この記事に関連する最近の記事

前のページに戻る

MOVIES

奥泉光インタヴュー全篇公開「〈現代作家…

「〈現代作家アーカイヴ〉文学インタヴュー第14回 奥泉光」のダイジェスト版(無料)と、本編約90分+質疑応答約…

Read More

NEWS

〈現代作家アーカイヴ〉文学インタヴュー…

2019年6月4日、東京大学駒場キャンパスにて作家の吉本ばなな氏をお迎えし、〈現代作家アーカイヴ〉文学インタヴ…

Read More

NEWS

〈現代作家アーカイヴ〉文学インタヴュー…

2019年3月25日、東京大学本郷キャンパスにて作家・詩人の池澤夏樹氏をお迎えし、〈現代作家アーカイヴ〉文学イ…

Read More

Facebook

Twitter